実践!クレンジングの各タイプの使用感を比較。クリームタイプ・リキッドタイプ・拭き取りタイプ

こんにちは!

夏は暑くてお化粧もとろけてしまいますが、帰宅したら欠かさずするクレンジング。

でもエイジングの基本は、乗せたお化粧をその日のうちに必ず落としていますか?

クレンジングの各タイプの使用感を比較し、クリームタイプ・リキッドタイプ・拭き取りタイプそれぞれの使用感を比較してみました。

筆者の肌は、普通肌・敏感肌・オイリー肌・混合肌

乾燥肌。

1.クリームタイプ「pdc With 洗い流せるメイク落とし+マッサージ」

クリームタイプなので、お肌に乗せてマッサージしている時は重く感じます。

そのままマッサージしていると、フッと軽くなるので、ぬるま湯で洗い流します。

〈補足〉説明書きによると、すすぎは水かぬるま湯と書いていますが
水ですすぐと油っこさが肌にまとわりつき、あまりいい気持ちがしませんでした。

ぬるま湯(人肌ぐらいの温度)ですすぐときれいにさっぱりとした洗い上がりです。

筆者のこだわりは、ぬるま湯で年の数ほどすすぎをします。

きちんとすすぐことで、お肌の透明感が出てきます。

洗い上がったあとの、ツッパリ感もありません。

 

2.リキッドタイプ「ビオレ うるおいクレンジングリキッド」

落ちにくいアイメイクやリップ部分は、手や顔の水分をよく拭き取った乾いている所にリキッドを乗せることで、より落とす力が上がります。

クリーム状のクレンジングよりもさっぱりとした洗い上がりになりました。

こちらは、メイク落とし後の洗顔は不要なタイプなので、夜の忙しい時間帯でも手軽にメイク落としができて助かります。

3.拭き取りタイプ「ビオレ クレンジングシート」

ガッツリなポイントメイクを、他のお顔のパーツに先駆けて落とす事に適しています。

薬剤を染み込ませたシートで拭くので、どうしても「よく取れるように。」と力を加えすぎになりがち。

拭くだけだと小鼻の周りや目尻にメイクが残っています。

シートだけではなく、クレンジングをプラスし2段構えでメイク落としすると安心感があります。

4.ゲルタイプ「マナラ ホットクレンジングゲル マッサージプラス」

黒ずみ毛穴ケアを押しているので、期待を胸に使ってみました。

洗い上がりは、乾燥タイプの筆者でもツッパリ感がなくさっぱりした洗い上がりです。

パパイン酵素が古い角質を取り除いてくれます。

使い始めて3日ぐらいすると透明感が出てくるのを感じます。

                            画像引用元:マナラ化粧品

これから使い続けるならコストも気になりますよね。

上記2つのクレンジングよりも価格がちょっと張るので、購入を躊躇している方に朗報です!

現在、無料プレゼント中なので、この機会に使ってみてください。

※これは、100円モニターの場合

100円で買えてしまう。

しかも、無料モニターや無料プレゼントのサイトもあるけど、購入の最後にアンー1トがあって、「半額で買う」「6ヶ月継続して使う」など聞かれてしまって、もし継続して使わないと、勝手に継続されそうで不安になりますね。

  • 口座番号やカード情報が知られているわけじゃないし、安心して使えます。

もし継続して使いたくなったら、クーポンも届くのでお安く買うこともできました。

  • ざっくりとした4つのアンケートに答えます。
  • 最後に1年以上継続して申し込む旨のチェックがない
  • すぐ届きました。

まとめ

今回は、クレンジングの各タイプの使用感を比較しました。

  • クリームタイプ
  • リキッドタイプ
  • 拭き取りタイプ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました